TIMEXウィークエンダーの仕様(電池寿命)&電池交換手順マニュアル


タイメックス・ウイークエンダー 取説&電池交換マニュアル

【TIMEXウイークエンダー4ヶ国語取説】

●TIMEX取説(W-92)4各国語対応
※メーカーの取扱説明書です

 

【TIMEXウイークエンダー仕様】

ブランド TIMEX(タイメックス)

発売年 2017
ケースの形状 円形
風防素材 ミネラルガラス
表示タイプ アナログ
留め金 タングバックル
ケース素材 ケース素材:真鍮
ケース直径・幅 38 millimeters
ケース厚 9 millimeters
バンド素材・タイプ ナイロン
バンドサイズ 男性用標準
バンド幅 20 millimeters
バンドカラー マルチ
文字盤カラー ホワイト
ベゼル素材 合金鋼
ベゼル機能 固定ベゼル
カレンダー機能 カレンダーなし
その他 機能 3気圧防水, ウィークエンダー
電池寿命 約2年間
本体重量 45 g
ムーブメント クォーツ
耐水圧 30 m

 

【TIMEXウイークエンダー電池交換マニュアル】

●TIMEXウィークエンダーの電池交換手順
※手順(まとめ)注意して作業してください

“タイメックス・ウイークエンダーの電池交換手順(箇条書き)”

1.ベルトを外す
裏蓋を開けるのにベルトを外す
単純に引き抜くだけでベルトを外せます

2.裏蓋を開ける
使う工具は「こじ開け」で、amazon などでも安価で購入可能
裏蓋の開け口の場所
この時計の場合は 11 時裏側
横から見ると少し隙間が有るのが分かります
この隙間にこじ開けを差し込んで奥に押しながら、てこの原理で裏蓋を持ち上げるようなイメージでこじ開けを上下に動す

3.電池を外す
裏蓋が開いたら電池がどのように入っているかを確認
この時計は赤い丸の部分が電池を押さえています
この隙間にピンセットの先を入れ、少し外に広げる感じで電池を押さえている部分を広げます

4.電池の確認
この時計の電池の品番は「CR2016」で裏蓋にも刻印されています(ダイソーでも購入可能)

5.新しい電池を入れる
新しい電池が用意できたら電池を入れます
まずは片側を先に入れ、指で電池を軽く押さえながらピンセットで電池押さえを外に広げます
あまり強い力を入れてしまうと電池押さえの爪が曲がってしまうので注意
指を離しても電池が外れなければ OK

6.パッキンの清掃
裏蓋にはパッキンが付いています。
直接時計の動作には関係ありませんが、できればこのパッキンにはシリコングリスを塗布し、ケースのフチと裏蓋のフチの汚れを落とす
この時計のパッキンは裏蓋のフチに付いているので切らないように注意しながらピンセットで外して掃除しましょう

7.裏蓋を閉める
裏蓋の方向をズレないように注意して合わせます。 ロゴの向きに注意
裏蓋の向きを合わせることが出来たら、下の画像のように時計を持って閉めます
ガラスの面ではなく、ケースの枠と裏蓋を押して閉めるようにするのがポイント
個体差はありますが、はめるのはコツがいり、けっこう力を入れる感じです

8.ベルトを取付け時刻を合わせる
最後はベルトを通して、時刻を合わせたら完了

 

【TIMEXの魅力】

160年以上の歴史を持つ「TIMEX」

1854年、アメリカ合衆国コネチカット州ウォーターベリーに

Waterbury ClockCompanyとして創業

その長い歴史を紐解くと、1931年に世界で初めて製造された

ミッキーマウスウォッチをはじめ、1986年に発売した名作と

いわれるIRONMANウォッチ、1992年に発表したそれまでの常識

を覆した世界初の文字盤全面発光機能Indigloナイトライト

機能など、製品のみならず革新的な技術やデザインを多々

生み出してきた

TIMEXのこれまでの数々の功績が今日のTIMEXを支えている

と言って過言でなく、普遍的で、汎用性があり、いつまでも

色褪せないアメリカンブランドで、日本のCASIOとはまた

違ったベーシック感漂うブランドではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。