楽天モバイル1,980円~のワンプランってどうなの?


楽天モバイル1,980円~のワンプランは、本当に大丈夫か?

NTTdocomoのahamoは、20GB(4G&5G対応)高速通信容量+

5分間通話無制限で、月額2,980円(税別)

auのpovoは、20GB(4G&5G対応)高速通信容量のみで

月額2,480円(税別)

最後に出て来た、楽天モバイルは、20GBで月額1,980円

というが・・・

 

【楽天モバイルワンプランとは】

月間データ利用量が3GB以下の場合→980円、3GBを超え20GB以下

の場合は1980円。

そして20GBを超えてからはデータ利用量の上限はなく、

月額2980円。

さらに!、契約1回線目に限るが、月間データ利用量が1GB以下

の場合、プラン料金が0円になるというもの。

一見、物凄くお得で、ぶっちぎりの最安値!

と思ってしまうが・・・

楽天回線には、非常に注意が必要なのである!

無制限なのは、楽天エリアのみである
(無制限と言っても1日10GB越で速度制限有り)

楽天エリアは、楽天モバイルHPで確認できるが、対応として

いるエリアでも、どこでつながるの?という利用者続発だ。
(地域名で見た方が正確に近いが、ほんとに限定的である)

この、楽天エリア以外だと、月に5GB以降は

なんと、1Mbpsの速度でしか使えないのである。

楽天エリア以外は、いわゆる格安sim各社と同じ借受回線

なので、混雑時の速度低下や、回線安定性はガタ落ちだ。

NTTのahamoなら、20GB使い切った後、大元回線品質で1Mbps

無制限なので、通信速度も安定性も遥かに楽天より優れている。

楽天モバイル、ワンプランの落とし穴は3GB~20GBの

料金帯である。

仮に、幸運にも楽天エリア100%であったとして20GBギリギリ

まで使ったなら、確かに、月額1,980円は安い。

しかし・・・

3~4GBとかの利用ならどうか?

1,980円って、安いですか???その回線品質で?

と言う事で(‘◇’)ゞ

 

なんでもすぐに飛びついてはいけません。

よく考えて、利用者のレビューなどで実態を確かめた後に

楽天モバイルは選択した方が良いでしょう。
(楽天さんのお得意戦法には、ほんとうにご注意を!)

当サイトでは、一押しは何と言っても「ahamo」です。

とりあえず、幕開け時点では、間違いありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA