ダイソー ミリウォッチの電池交換やり方


超簡単!ダイソー ミリウォッチの電池交換やり方を説明

精密ドライバーのマイナスを準備したら、めよう!

①まずは、ベルトを外し、裏蓋の出っ張りとケースの間に
ドライバーを差し込み、グッと押すか、先端を入れて軽くテコの要領でくっとこじる感じでパカッと開く

細いパッキンが蓋側にはまっているので無くさないように注意(まぁ無くてもほとんど大丈夫だが・・・)

②蓋が開くと、一面真っ白?
実はこれ、全体がスペーサー兼カバーなので、パカット
外しましょう(引っ張れば取れます)

③すると電池が見えました!
ドライバーでちょいちょい、と下から引っかければ取れるので
新しい電池を入れてあげましょう(SR626SW※日本製のが良い)

あとは、スペーサーと裏蓋を元に戻せば作業終了!
※新しい電池は素手で触らない方が絶対良い(手油を付けない)

それにしてもこの時計

TIMEXなどのレプリカと肩を並べる完成度!

たった500円とは本当に驚き以外何物でもない・・・
(オリーブもなかなかカッコいいが、売り切れていた)

 

【ミリウォッチの魅力】

ベトナム戦争で、アメリカ軍が兵士に支給していた

使い捨ての軍用腕時計「GG-W-113」というモデルがあった。

これはその、まさにレプリカといえる完成度の時計なのだ!

有名ブランドのハミルトンや、TIMEX(タイメックス)なども

GG-W-113のレプリカモデルを作っているが

価格は日本円で5,000円~10,000円と、ダイソーミリウォッチ

のワンコイン(500円)は、恐るべきコスパといえる。

そしてこのダイソーミリウォッチのムーブメントは「SEIKO」

セイコーSII社のブランドライセンス品を使用しており

その信頼度は言うまでもない(組み立てはシンガポール)

材質はオリジナル同様、プラスチック製で、とにかく軽い!

NATOベルトとの相性も抜群で、腕に着けていても忘れてしまう

ほどである。

リアルにカッコいいのはオリーブだが、仕事でも違和感なく

身に着けられるのは「ブラック」

電池交換も簡単に出来るので、その気になれば10年位

楽に愛用出来るのではないだろうか。

 

■ダイソーミリウォッチ仕様諸元■

【ムーブメント】セイコーSII社

【電池】SR626SW

【ケース】材質:ABS樹脂

【規格】径:約38mm(リューズ除く)厚さ:約12mm(風防含む)

【風防】 プラスチック製 ドーム型

【重さ】約21g(NATOベルト含む)

【防水】日常生活防水(3気圧)

【ベルト】材質:ポリエステル ラグ幅:20mm

おっと
オリーブを買い足してしまった・・・(こっちを使おう)

※ピンボケだ・・・でもカッコいいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA