ペラサイトとは?見本を作ってみました!(内容は真実です)


au月々が安い!高額キャッシュバックのおすすめネット回線

ズバリ!

数ある光ネット回線の中でも、安定度や速度に定評のある

auひかりですが、何が良いのか?

 

まずはそこを確認してみましょう。

 

その前に!

 

現在ADSLをお使いの方や、検討されている方もいらっしゃるでしょう

分かりやすくADSL回線と光回線の違いを見てみましょう。

 

まずADSL回線ですが、こちらは電話回線を使用しての通信で

現在ですと、下り最大50Mbpsという速度まで出ます
(契約によって最大速度が段階的に違い、料金も異なります)

ADSL回線の場合、低速度契約では安いものもあるのですが、大きな弱点

がありまして

それは、NTTの基地局(いわゆる電話局)からの距離が2Kmを超えますと

極端に通信品質が劣化して、肝心の通信速度が出ない

というものです

 

2Km以内であれば、近いほど実行速度が契約速度に近づいて来ます

仮に、最大の50Mbpsで契約したとして、自宅が基地局からギリギリ

2Kmだったとしますと一般的には10~15Mbps位出る事が多いでしょう
(ただ、ADSLに限りませんが、すぐ近くでも50Mbpsなんて出ません)

↓ソフトバンク資料より

ご覧の様に、1.5Km位から極端に損失してゆく特徴があるのです

こういった特性から、ADSL回線主体の時代は、契約、解約、クレーム

乗り換え、等のドタバタが多かったという訳ですね

 

ただし、表は理論値の様で、実際はこの表より急激に損失しており

3.5Km以上になりますと、50Mbps契約でも、1Mbpsどころか

500Kbps(0.5Mbps)前後しか出ず、実用上ネットが使い物にならない事
(3Kmを超えますと8Mbps契約でも50Mbps契約でもほとんど変わりません)

が非常に多いのです

それに対して、光回線はロスが非常に小さいのです(光通信)

 

それでは、

これから速度の効果を含めて光ネット回線を比較致しましょう

■auひかりとフレッツ光、両方とも下り最大速度1Gbpsですが
(auひかりは、5ギガ,10ギガの超高速タイプもラインナップ)

実測速度では、圧倒的にauひかりが安定して早い傾向です。

やはり回線が混雑していない事が要因と推測されます。

では、速度ばかり強調致しますが、速度が速いと何が良いのでしょう?

 

下り速度が何に影響するのかですが

ネットで例えばyoutubeにつなげて、動画を見る時何が起きているか?

「動画」はデータですので

 

文字データ<写真データ<動画データ

 

というように、データ量はどんどん大きく(重く)なりまして

さらに、同じ動画データでも、精細な動画ほど、更に大きくなるのです

 

昨今はハイビジョンを超え、4K、8Kなど、映像の高画質化は進むばかり

でして、この下り速度というものが、こういったデータ通信の快適性

を左右致します(遅いと、止まったり、カクカクしたりします)

例を上げますと

youtubeの5分の動画を見ようとした場合、10Mbpsの速度なら約1分

でデータを落とす(得る)のにかかるとすると

1GbpsMbpsなら、わずか0.5秒で完了するのです

現在でも大容量データ時代になっていますが、今後を考えても

光1Gbps回線なら、どんな通信でも快適にこなせるという事になります
(光回線でも実行速度は少し落ちますが、仮に4割落ちても0.8秒)

■基本的な料金が最も安い!

代表的なフレッツ光で見てみますと※ネット
(フレッツは、プロバイダ料金と回線料金を分けて表示しています)

プロバイダ名 プロバイダ料金 光回線料 合計月額
AsahiNet 780円 4.700円 5.480円
BIGLOBE 1.200円 4.700円 5.900円
BBexcite 500円 4.700円 5.200円
DTI 950円 4.700円 5.650円
OCN 1.100円 4.700円 5.800円
PlaLa 1.000円 4.700円 5.700円
So-net 1.000円 4.700円 5.700円
@nifty 1.000円 4.700円 5.700円
WakWak 950円 4.700円 5.650円

対しまして、auひかりは、どうでしょう?

経年割引 1年目(初年度) 2年目 3年目
ネット 5.100円 5.000円 4.900円
ネット+光電話 5.600円 5.500円 5.400円


そして、同時申し込みでも、後付けでもauスマホとセットにすれば

auスマートバリュー割引が適用され、永久に毎月2.000円引き!
(ネット+ひかり電話+auスマホ)

ひかり電話とは

現在、固定電話をお使いの方なら、絶対にひかり電話がお得です!

何故なら、電話番号はそのままで、今お支払いの基本料金(1.700円)

が、不要になります!(上記料金以外に追加金は一切ありません)

それに、通話した場合の通話料金が全然違います!

auの光電話の場合は国内であれば一律で3分間8円

北海道から沖縄まで発信しても、たったの3分8円です

 

しかも、今なら!

工事費無料!

 

さらに!

 

乗り換えの他社違約金を保証!

最大110.000円還元!

当サイトから申し込みでキャンペーン適用!


勿論、内容は真実ですが、これは見本制作してみた記事になります(^^)/

どうでしょう?そんなに難しくは無いですよね(重要なのはキーワード)

 

【ワードプレスでペラサイトを作る】

 

今回作りましたペラサイト見本制作は、ブログ投稿スペースですが

ペラサイト運営をされるのであれば、固定ページを常時トップ表示の

設定にするだけでペラサイトの完成となります。

 

設定としては3か所、まず日付表示は不要なので非表示にする

次に、コメントのやり取りは不要なので、設定の中にあるディスカッションの2つのチェックを外してください

最後に、ペラサイトなので、記事は「固定ページ」に書いて
フロントページに常に表示させる設定にして、不要な項目は消すだけ(非表示に)

それで、ここは注意が必要ですが

ペラサイトの他に、メインサイトを運営されている場合は、ドメイン

は分けた方が絶対に安全です。

ペラサイトというものは、販売ありきの内容となりますので、SEO的に

はあまり良くない、つまりマイナス評価となる可能性が高く、万一、

ペナルティを受けてしまいますと、メインサイトにも同等の影響が出て

しまう事になるからです。

ですから、ペラサイトを運営するなら、ペラサイト専用にドメインを

取って運営する事をお勧めいたします。
(出来ればペラサイト1記事ごとに1ドメイン運営が理想です)

 

【ペラサイト1記事ごとに1ドメインについて】

 

ドメインは、安いモノですと、最初の1年間100円程度で購入出来

ますし、2年目以降も1.000円程度からいろいろございます。

 

ですから、1年間経って、収益が駄目ならば、そのドメインを捨てて

また新たに取りなおすなどの方法を使えば、ほとんどコストは気に

しなくても良いという事になりますし、もし、当たったサイトが出て

くればそのサイトのドメインは2年目から1.000円かかっても、

経費としては安いモノでしょう。

 

【最後にSEO的な対策は?】

 

ペラサイトの場合、記事を投稿しても、なかなかgoogleにインデックス

されないなどの不利な面がありますが、アフィリエイト目的のペラ

サイト等の場合は、Google Search Console等のウェブマスターツール

への登録や使用はやめた方が良いと思われます。
(サイト構成によってはペナルティ対象となる可能性を秘めています)

ですので、なるべく確実にインデックス登録してもらう為に

ペラサイトはトップページ表示(階層が深いと登録されにくくなる)が

良いでしょう。

さらにワードプレスならWebSub/PubSubHubbubというプラグインを

入れておけば(有効化するだけで、投稿を通知するプラグイン)

早ければ1週間程度でインデックス登録されると思います。
(インデックス登録=検索エンジンに登録される事)

※WebSub/PubSubHubbubプラグインは、気象庁の情報更新と同じ仕組みで、効果はかなり高く、過去にGoogleエンジニアも推奨しています




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA