100円のブルーライトカットメガネ(ダイソーのPCメガネ)品質は?

100円のブルーライトカットメガネの品質は?
(メガネのツルの調整は?)

ダイソーのブルーライトカットメガネの性能(品質)はどんなものか?




まずその前に

ブルーライトとは何なのか?超簡単におさらい致しますと・・・

 

「ブルーライトとは?」

ヒトの目で見ることのできる可視光線の中で、もっとも波長が短く

強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで

到達し、ダメージを与えます。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、

このブルーライトが多く含まれています。

そして、ブルーライトは380~500nm(ナノメートル)で、400nmより

短くなると紫外線ですので、ブルーライトカットメガネは、

実はサングラスも兼ねてしまいます。
(ですから、これ一つあれば外も中もOKということですね)

さて、本題のブルーライトカットメガネ本体のお話に移りますが

販売されている価格はまさにピンキリ

一般的に多い価格帯は3.000円~5.000円といったところですが

最もお安いものですと、100円ショップ(ダイソー等)で販売されており

つまりは100円(税別)という事になります。

お安いのは良い事ですが・・・

はたして、性能的にはどうなのでしょうか???

 

今回はダイソーのブルーライトカットメガネを見てみましょう!

実際のパッケージですが、よくご覧ください

これは、ダイソーのブルーライトカットメガネ「クリア」タイプで

なんと、40%もブルーライトをカットしてくれる事が分かります。

ちなみにですが

厚生労働省のガイドラインでは「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)

作業を行った際に、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されており

言い換えれば、1時間ごとに15分の休憩を取れば安全であると考えられ

ているわけです。
(しかし現実的には、会社でそんなに小まめに休めないでしょう)

しかし

考え方と致しましては、ブルーライトカット25%の眼鏡を着けていれば

実質的には、まさに1時間ごとに15分の休憩をとっているのと同等の

ブルーライト被爆量となるわけです!
(25%カットの製品で厚生労働省のガイドラインをクリア)

40%カットの眼鏡ならば、それを遥かに凌駕する安全効果が得られる

という事になりますね。

ブルーライトカットメガネレンズの色が濃くなれば、50%カット

60%カットなど、もっとブルーライトカット率が高い物もありますが

ほとんど透明色で、視覚はほぼそのままで高効果を得られる

カット率40%の眼鏡がおすすめだと思います。
(理由と根拠は前述の通りです)

↓ダイソーの100円ブルーライトカット眼鏡(茶フレームクリアレンズ)


いろいろな見解があるでしょうが

私個人的には、見た目安物っぽくは感じませんし

何より、軽くて、かけていて疲れない優れものではないかと思います
(壊しても惜しくないし、どうせなら予備も買っといていいのでは)
※写真、実物です(けっこう良いですよね、ほんとに)

 

————————————————–
ついでにメガネのツルも自分で調整してみましょう!
————————————————–
用意するものはドライヤーのみ!

ドライヤーでメガネのツルの、曲げたいヵ所を熱しながら

少し力をかけながら曲げてゆくだけです。
(火傷をしない様に軍手などをして行ってください)

コツは、ツルの曲げたい部分をまんべんなく加熱するくらい
(少し力をかけながら熱してゆきます※ドライヤーは何かで固定)

プラスチックの厚みなどにより時間が違いますが

曲がり始める感覚は注意していれば分かります。

写真は実際に調整してみた完成図です(かなり広げてみました)

かけ心地がかなり自分にフィットしますので、微調整はお勧めです!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA