amazonの「お急ぎ便」ここは注意が必要?!


amazonの「お急ぎ便」ここは注意が必要?!

amazon、ご利用されている方も非常に多い事と思いますが・・・




その中でも「お急ぎ便」という、配達が非常に速いとされる

配送オプションがございます。



この「お急ぎ便」ですが、2パターンの注意が必要です!

[注意①]
1つ目のパターンは、午前中の注文
お急ぎ便で翌日配達の商品の場合、かなりの商品が、通常配送でも
「午前中」注文なら「翌日」配達される可能性が高いという点です
amazonは、その場合でもお急ぎ便オプション料360円は徴収し
もちろん、通常配送でも同じなどのアナウンスは一切してきません。
(厳しい言い方をすれば、取れるものは取る、というところがあります)

[注意②]
2つ目のパターンは、翌日お届け
購入する時点で「翌日お届け」となっており、事情があって、出来れば
早く!と思い、お急ぎ便オプション料360円をプラスして注文しても
発送連絡メールの内容では、何の断りも無く「翌日」ではなく
「翌々日」のお届け予定に変わっている事がたまにあるのです。
翌々日なら通常配送でも変わらない事も普通にありますので
これは、厳しい言い方をすると、余分に、お急ぎ便オプション料360円を
取られた!
という事になります。
※この場合は、すぐにカスタマーへ電話かチャットで物言いをつけます
(お急ぎ便オプション料360円は返金されます)

以上の2点には十分注意が必要です。

私どものスタッフでも、この「余分な360円」を何回かロスした報告が

ちらほらございます(360円って、馬鹿になりませんよ( ゚Д゚)

amazonも、もう少し親切かつ丁寧な対応が出来るようになれば

文句なしに一流なんですけどね(もう一息!)

今後はいろいろと良いサービスも出て参りますので(eBayなど)

消費者優位は世界規模で加速して参ります、私どもも含めまして

提供者は油断大敵でございますね、はい(汗)

「おまけ」

360円位で買えるモノ達は、例えば・・・・・

すき家の牛丼並盛=350円


立ち食いソバ「吉屋」天ぷらそば(うどん)=380円


ウィンストン・ミニ・ビター・レッド(1m,8m,12m)=380円


ほっともっと「のり弁」=330円


ダイソー100円商品よりどり3点=324円


レターパックライト=350円


エビスビール大瓶=340円


不二家プリンサンデー(バナナ)=360円


フリーテルデータsim=322円(税込)
※使った分だけ安心プラン(契約事務手数料別)

もちろん、まだまだございます、360円は馬鹿になりませんね(^^)




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA