2017年度 日本のパソコンOSのシェア(使用率)

2017年度 日本のパソコンOSのシェア(使用率)

Net Applicationsから2017年3月のデスクトップOSシェア
が発表されました




3月はWindowsがシェアを減らし、MacとLinuxがシェアを増やし

ましたが

とは言いましても、Windowsのシェアは圧倒的で

中でもWindows7が全体の50%を占め、Microsoftが移行を進めたい

Windows10は、25%という現況となっている様です
(まぁ、それでも25%まで来たのは凄い数字と言えます)

↓OSシェアの現況

やはり、Windows8、8.1は不評の様で、シェアはあのXPを下回っています
(いまだにXPがこれほど使われている事に驚きを感じます)

弊社の見てきた感じだと、最近までWindowsXPでインターネットに

接続していらした事業所様もございました
(ウィルスなどの踏み台にされるケースも多々あります)

ちなみに、WindowsXPの現在のシェアは、MacやLinuxよりも遥かに

高い数字です(オフラインでなら、全く問題ございませんが)

さらに、ちなみにでございますが

これまでは、URLをクリックしない、メールのファイルを開かない

という使い方であれば、ウィルス感染はしないとされてきましたが

最新のウィルスの場合、何もせず、ただ

ネット回線に接続しただけでも感染しますので、サポートの終わった

OSでLANケーブルをつなぐ(無線LANに接続)のは、非常に危険な行為

と知りましょう(踏み台にされて無実で逮捕された例もありましたね)
※最新ウィルスに関しましたは、また次の機会にでも




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA