シンガポールのゴーストカー???(カメラが教えた固定視点の危険)


シンガポールのゴーストカー???(カメラが教えた固定視点の危険)

シンガポールで起きた交通事故のドライブレコーダー映像が

一見不思議で話題になりましたが

↓まずは実際の報道映像を見てみましょう

一見、不思議に見ますが、実は右折車(ぶつけた車)からは終始

見えていた可能性が非常に高い事が分かります。

何故かと申しますと、カメラ映像の通りが真実であれば

右折車は、最初からもっとスムーズに加速して右折を行っている

はずです

しかし

最初、進むのを戸惑っている様な動き出しをしておりますので

これは、後続車のカメラからは単純に死角の中に直進車が入っていて

まるで何も存在していなかったように見えるだけで

右折のぶつけた車からは、終始直進車は見えていたのですね。

要は

右折を一瞬迷ったが、直進車が速度を上げずに調整して

自分が右折を完了するまで待つだろう・・・・・

と、予測を誤った事故であると言えましょう。

たまに思うのですが、機械は確かに正確なのですが融通や機転は

まったく利きませんので、それに伴うトラブルや事故は(人災)

確実に存在しております。

機械を開発するのも、使いこなすのも人間の方でございます。
(少なくとも、近未来程度ではそうでございましょう)

機器の能力を活かしきる為にも、使う側である私たちは

機転を利かし、常に補うという「管理者」的思考が重要でございます。
(過信は禁物と言えましょう※後続車の運転手さんにも見えてたはず)

それに致しましても、この映像は絶妙のタイミングで撮れたんですね(驚)




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA