自動でON!安い中古スマホを本格カーナビ化「超快適」運用


安い中古スマホをカーナビ化

自動でON!安い中古スマホを本格カーナビ化「超快適」運用

 

【用意するもの】

①Android 9 の安い中古スマートフォン(4,000円程度からあります)

②ロケットモバイル神プラン(データ)sim(月額税込328円)

③YAHOOカーナビアプリ(無料かつ一押しです)

 

②のsimを入れるのがもったいないと考える方もいらっしゃるかも知れ

ませんが、考えようによっては月328円(年間約3,900円)で地図データ

が自動更新されるわけですからこんなに安いカーナビは存在しません
(仮に5年使っても18,000円)

 

【設定は簡単】

スマホにyahooカーナビをインストールし、本体の設定でバッテリー

セーバーをONにします

 ⇓

そして、次に、開発者向けオプションを有効にします(以下の手順)

①歯車の「設定」から

②端末情報

③ビルド番号

④ビルド番号をタップしていくと、このように
「デベロッパーになるまであと〇ステップです」と表示されます

⑤指定された回数タップし、最後に「これでデベロッパーになりました」
と表示されれば「開発者モード」が使える様になります

⑥開発者モードが表示されるので、その中の「充電中はスリープしない」
をONにする(下準備はたったのこれだけ)

バッテリーセーバーをONにする事によって、画面がスリープすれば

ほぼすべての通信(GPSも)が休止するので、いちいち車の乗り降りで

機内モード等のON、OFFなどをする必要がありません
(バッテリーがほとんど減りません)

 

【応用の利用法】

車に固定したら、yahooカーナビを起動しておき、車のACをOFFにしてから

スマホのスリープボタンで画面をOFFにします
(これでバッテリーセーバーが機能します)

次回から、エンジンONで普通のナビの様にスマホが起動し、同時に

マップが表示されます

エンジンを止めたら、スマホのスリープボタンで画面をOFFにするだけで

1日9%程度の電池消費で運用可能。

何日も車を使わない連休前等は、アプリを終了しておけば更に3割位節電

出来ます。

つまり

エンジンを止めたら、スマホのスリープボタンで画面をOFFにする

というワンボタンの手間だけで、ほぼ普通のナビと同じ使い方が出来る

という訳です

実際にやってみますと、かなり使い勝手が良いので、是非お試しください
(‘◇’)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。