ahamoとpovoの実力!早わかり!


ahamoとpovoの実力!を超簡単解説→早わかり!

2021年から始まる、2大大手携帯事業者の格安プラン。

NTTはahamo

auはpovo

どちらも4G、5G対応の20GBの高速通信容量となっており

20GBの高速通信容量を使い切ると、1Mbpsの通信速度に

なります。

1Mbpsの通信速度は、遅いのか?早いのか?

はっきり申しますと、SNSやLINEはもちろん、Youtube動画

再生迄、ほとんど問題なくこなせる実用速度と言えます。

さらに

格安sim各社と違い、何と言いましても「大手品質」回線元

の会社ですので、混雑時間帯の通信速度安定性はもちろん

高速通信時の実行速度も、圧倒的に早く、安定している

事は、言うまでもないのです。

よくある、高速、低速切替のようなものはどちらも

ありませんが、実用上「無制限」感覚で使えるので安心です。

では

ahamoとpovoの違いはと言いますと・・・

5分間通話無制限が付いているか、いないか

これが500円の差額で、ahamo=5分無制限通話付きで2,980円

povo=5分無制限通話無しで2,480円、5分無制限通話オプション

が別途500円なので、実質は同じと言う事でご理解頂いてOKです。

 

では、現行人気の格安sim会社の人気プランと比べると?

mineoの例で見てましょう。

mineo Dプラン 基本料金1,400円(0.5GB)+5Gオプション200円+

パケット放題350円(500kbps※ahamoやpovoの半分の速度)

最小限プランでの合計月額=1,950円となります。

ahamoとの差額は1,030円、povoとの差額は530円ですが・・・

mineoでは、高速通信容量はahamo、povoのわずか1/40

そして低速時の通信速度はahamo、povoの半分以下

もちろん、通話無料なども一切付いていません。

さらに・・・

前段でも触れましたが、そもそもの通信安定性は圧倒的に

回線提供元であるNTT、auに劣ります。

昼時や通勤時にはさらにその差がドドン!と現れるのです!

ここまで上げれば、もう十分ご理解頂けたかと思いますが

格安sim各社が生き残るのは、これからはかなり大変な時代

に突入する事になります。

 

2021年4月からは、モバイルナンバーポータリングも無料

になりますので、慌てずに行動して下さい(^.^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA