過放電で充電できなくなったリチウム電池を復活させる方法


過放電で充電できなくなったリチウム電池を復活させる方法

スマートフォンなどの電池パックが、過放電で充電出来なくなった

そんな時は、以下の方法を試してみると、復活出来ることが?!

【何故、過放電で充電できなくなるのか】

リチウム電池には保護回路があり、過放電などにより、安全の為

充電出来ないようロックをかけてしまうからです。

一般的には、こうなってしまうと電池を買い替えるしか無いのですが

ロック解除の方法もメーカーにより存在します。
(無いメーカーもある)

テスター等を使用しないと出来ないものもありますが

かなり多い簡単に出来る方法をご紹介致します。
(ただし、実施は自己責任でお願い致します)

【過放電リチウム電池パックの復活手順】


①マイナス端子、T端子、プラス端子の3つがありますが

この中のマイナス端子のみセロテープで塞ぎます(絶縁する)

②充電器もしくはスマホ本体にセットして充電を開始する

③10秒位でコンセントを抜くなりして充電をやめる

④マイナス端子の絶縁テープをはずし再び充電を開始し、3秒位でまたコンセントを抜くなりして充電を中止して、すぐにまた充電を再開する

以上の方法でロック解除出来る事があります。

ただし、この記事は上記方法を推奨するものではなく、あくまで

参考記事の一つで、実際に実施する場合は「自己責任」にて

行っていただきたいと思います。

私個人的には、この方法でデジカメやスマホ(priori3LTE)の

電池パックが復活しております。




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA