無線LANでやってはいけない事?!(グノシーのあれ)


無線LANでやってはいけない事?!(グノシーのあれとは?)

テレビでたまに流れている「無線LAN」でやってはいけない事

グノシーのCMでたまに流されているあれですが

無線LANとは、インターネット回線を電波を飛ばして接続させる

いわゆるWiFi(ワイファイ)というものでございます。

そして、この無線LANの電波の飛び方には特性がありまして

横方向から下へ向かって良く飛ぶのです(下図参)
※実際には違うのですが、イメージとしては分かり易いでしょう

そして、当然ですが、無線LANでネットに接続する際に重要なのは

電波の強さですので(電波が弱くなればなるほど速度がどんどん低下します)

図のように、無線LANルーターを、下の方に置けば置くほど

実際に接続する機器の電波強度が弱く(不安定)になってしまう

場合がございます(これは、実際の現場でも多い事例)

そこで!

無線LANを置く場所は、出来るだけ部屋(家)の中心に寄せるイメージで

かつ、出来るだけ高いところがGOOD!というわけでございます。

木造住宅で、1階、2階で無線接続する場合は、2階の中心を

イメージすると、良い場合がおおくございます。
(無線LAN1台でまかなう場合)

鉄筋2階建て住宅の場合ですと、1階は1階、2階は2階で無線LANを

設置した方が良いでしょうし、かつ1階から2階の無線LAN機までは

可能な限り「有線」でもって行った方が良いでしょう。

LANケーブルで引っ張る(薄いタイプのLANケーブルもあります)




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA