宅配ロボットCarriRo Delivery(キャリロデリバリー)の可能性とクリアすべき問題点


宅配ロボットCarriRo Delivery(キャリロデリバリー)

の可能性とクリアすべき問題点とは?!

最近何かと話題になる事が多い「自動運転」関連技術ですが

特に良さそうなのが

株式会社ZMPという、東京都文京区小石川に本社を置く日本企業です

関連会社の中には、ソニーやケンウッドなども名を連ねており

今後の日本の産業を元気にしてくれる希望も大いにございますね!

この企業様

2001年1月に人間共生型ロボットを開発する世界初のベンチャー企業として

有限会社ゼットエムピーから開始して

2009年6月に東京都文京区小石川へ本社移転し、現在に至っていらっしゃ

る素晴らしい先進企業です(大いに応援したい事業内容です)

↓この企業様の自動宅配システム動画(無音に調整済)

ドローンですと、落下等の危険がございますが、これならその危険は

皆無ですので、以下の2点

・セキュリティ面(テロや犯罪などの活用対策など)

・稼働規制(同一エリアで一気に多台数が稼働すると大変な事に)

を如何にうまくクリアできるかが、実際の実用への課題ですね。

まぁ、間違いなく未来には全ての車両が自動運転になるでしょうから

いずれは間違いなく全世界でこんな感じになるのでしょうが

その未来が、近くなるか先になるかがこういったインフラ整備

が握っているという事でございますね。
(個人的には出来るだけ早くなって欲しいものです)

最近は、一旦「宅配料金」が上がっておりますが

この自動システムが実現し、標準になれば

大きく一気に「宅配料金」は下がる事になるでしょうから

今現在、消費者にとって負担となっている「送料」という

概念自体が、もしかしたら限りなく無くなって行く可能性も

ございますね(いいですねぇ)

もちろん、遅配などもほとんど無くなるでしょう。




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA